社会福祉法人 多摩春光園 春光保育園

子どもたちの健全な育ちを願って、父母と保育者が協力し合う保育園です。

TEL.042-572-0528

〒186-0005 東京都国立市西2-14-1

5才児

先日のゆり組お楽しみ会の様子

昨年に引き続き、年長クラスの恒例行事である「お泊まり保育」が今年も中止になりました。

「お泊まり保育」は年長クラスの一大行事であり、子どもたちにとって、お父さんやお母さんと離れて過ごす夜はちょっと不安だけれど、お友だちや先生と過ごすのはそれ以上にとっても楽しみ!な行事です。

そんな楽しみな行事がなくなってしまったので、お泊まりはできないけれど、年長クラスゆり組の子どもたちと一日楽しく過ごす会を企画しました。

グループに分かれて、運動遊びや宝探し、給食にはゆり組みんなのリクエストメニューのカツカレー、午後は的あてや中あてをして普段あまり関わりのない職員とも遊びました。

特に中あては盛り上がって、先生vs子どもたち という場面も!

びっしょりかいた汗が落ち着いた頃、今度はマジョリーヌ先生が登場し、魔女っ子帽子やとんがり帽子をもらって魔法使いに弟子入り。

ワクワクドキドキ、とっても楽しい一日を過ごしました。

8月は水遊びを楽しみました

コロナの影響で、今年もプール遊びはせず、洋服を着たまま水遊びを楽しんでいます。

屋上で、熱中症や日射病に注意しながら、思いっきりビショビショに!!

暑い夏は、ひんやりしたお水が気持ちいいですね。

また、園舎裏側に植えたひまわりがぐんぐん大きくなり、立派な花を咲かせています。

子どもたちの身長の2倍以上はありそうな、お日様目指してすくすく育ったひまわりです。

コロナ禍の中でも食育を行っています

コロナ禍で昨年から子どもたちはアクリル板越しに給食やおやつを食べています。

わいわい楽しくおしゃべりしながら食事ができないのが淋しいです。

このような状況でも身体を作る食事の大切さに変わりはありません。

保育園では、調理体験は今の状況では難しいのですが、野菜を種や苗から育てたり、収穫したりとできる範囲で食育を行っています。

先日、年長のゆり組が田植えをしました。

足で踏んだり、手でこねたりして土を作り、一つずつ丁寧に苗を植えました。

慣れない泥んこに戸惑い気味の子どもたちでしたが、最後にはとても楽しそうにしていました。

おいしいお米ができる日を今から心待ちにしています。

そして、今日は梅ジュースを作りました。

梅のヘタを楊枝で取って、瓶に入れ、氷砂糖を入れて、あとは待つだけ!!

夏の暑い日など、この梅ジュースは格別です。

雨の日は室内で

午前中は雨が降っていたので室内で過ごしました。

3才児クラスはだんごむしを絵の具で描きました。

白い画用紙に1匹ずつだんごむしを置いて、よーく観察。

思い思いの色鮮やかなだんごむしができました。

4才児クラスはのり遊び。

画用紙の切れ端をのりで貼っていきます。

きちんと並べて貼っていく子、どんどん上に重ねて貼っていく子・・・。

それぞれ違っていて楽しいです。

5才児クラスはホールで中当てをしました。

1つのボールに集中して、逃げたり、投げたり。

ルールを覚えたりと遊びも年齢が上がるにつれて高度になっていきます。

作品展がありました

先日、13日(土)に作品展を行いました。

今年度は規模を縮小して、3・4・5才児のみの作品の展示となりました。

コロナ禍にあっても子どもは立派に成長しています。

伸び伸びと、生き生きと、思い思いに表現している子どもたちがとても頼もしく見えます。

歯科講話がありました

昨日、園医の先生による歯科講話がありました。

例年2才児から参加するのですが、今年は密を避けるため、5才児のみの参加となりました。

大切な歯のおはなし・・・みんな真剣に聞いていました。

ミニ運動会の様子

2020年11月27日(金)

先月規模を縮小しての開催を予定していた運動会でしたが、残念なことに雨で中止となってしまいました。

頑張って練習してきた子どもたちと頑張る子どもたちの姿を見たい保護者の思いをなんとかしたいと、10月20日(火)公園でミニ運動会として行いました。

さらに規模を縮小し、密を避けるためにクラス毎の開催としました。

行進、かけっこ、ダンス、リレー。

みんな練習の成果を発揮し、素晴らしかったです。

リレーも大接戦でとても盛り上がりました。

マスク着用、検温、消毒等ご協力いただき、ありがとうございました。

遠足に行ってきました

2020年10月16日(金)

お天気が心配されましたが、4・5才児が遠足で昭和記念公園に行ってきました。

今年はコロナの影響であらゆる行事が中止となっており、先日は運動会も雨で中止。遠足だけでも!!とみんなでてるてる坊主を作ってお祈りしていました。

マスクをして、消毒して、お弁当は一人ひとりのレジャーシートで離れて食べるという例年とは違う形式にはなりましたが、広い野原を思いっきり走り回り、ふわふわドームや滑り台を楽しんできました。

外でみんなで食べるお家の方の手作り弁当も格別で、みんなニコニコ笑顔で満足そうでした。

野球体験をしました

2019年11月8日(金)

「サッカーはするけど、ボールは投げられない」という子どもたちが増えているとかいないとか・・・。

今日は、ジャイアンツアカデミーの方に、4・5才児がボールの投げ方、打ち方を楽しく教えていただきました。

投げる時は、「トン、トン、クルッ」

打つときは、「当てて、引いて、クルッ」

ちょっとしたこつで、みんな面白いようにボールが遠くに飛ぶようになりました。

6月の食育活動をご紹介します

2019年7月22日(月)

保育園では、食育活動の一環として野菜を育て、収穫し、調理し、味わうという食育活動を行っています。

先月行った食育活動は・・・「クッキー作り」(年長クラス)

栽培物の収穫はなかったのですが、調理体験により食材に興味を持ち、作ること、食べることの楽しさを感じることを目的としています。

ボールに小麦粉、牛乳、とかしバター、砂糖を入れて混ぜ、サラサラだった粉がベタベタになり、固まっていくことに気付きました。

クルクル丸めて、めん棒でのばして、好きな型で型抜きしたり、色々な形のクッキーを作りました。

焼きたてのクッキーのいい香り、自分たちで形作った満足感、市販のクッキーにはない素朴な味のクッキーは、いつもよりも一層おいしかったようです。