社会福祉法人 多摩春光園 春光保育園

子どもたちの健全な育ちを願って、父母と保育者が協力し合う保育園です。

TEL.042-572-0528

〒186-0005 東京都国立市西2-14-1

ブログ

可愛い鬼がやってきました

節分に向けて、年長児たちはそれぞれ鬼のお面を作っていました。

大きい鬼、恐そうな鬼、可愛い鬼、やさしそうな鬼・・・個性豊かな鬼のお面ができあがりました。

お面をかぶって、外から小さいクラスの子たちに「オニだぞう!」

窓をはさんでいるからか、泣いて怖がる子は少なく、新聞紙で作ったお豆を投げてみたり、窓の方へ近づいていく子も。

幼児クラスはクラス対抗で玉入れ合戦になりました。

給食には恒例の「おにライス」 ➡ Twitterで紹介しています。

今夜、お家でもオニが登場するのでしょうか。

お話の会がありました

先日、お話の会がありました。

コロナ禍でしばらく中止となっていましたが、やっと開催することができました。

くにたちお話の会の方々による素話や絵本読み。

ろうそくに灯をともし、目をつぶって、鈴の音が鳴るとお話の世界へ。

いつもとは違うゆったりとした空気の中で素敵なひとときを過ごしました。

クリスマス会を行いました

17日にクリスマス祝会を行いました。

0才児クラスから5才児クラスまで、各クラス毎に完全入れ替え制で行いました。

保護者の方の前で、今まで練習してきた成果を発揮し、誇らしげな顔の子どもたちが印象的でした。

20日には少し早めにサンタクロースがやってきました。

びっくりして泣き出す子、誰だろう・・・と遠くから眺めている子、ワーッと歓声をあげながら近づいていく子・・・反応は様々です。

中には、「僕、いい子じゃなかったのに、サンタさん間違えてきちゃったのかな」とボソッとつぶやいている子もいました。

一人ひとりプレゼントを受け取って、皆とても嬉しそうでした。

皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください。

メリークリスマス!

収穫祭を行いました

あいにくのお天気でしたが、収穫祭を行いました。

園長が鮭をさばいていくところを見学。

子どもたちが育て、収穫した大根や里芋などと鮭を入れた春光鮭汁を作りました。

自然の恵みや命をいただくということ、食べることで自分たちの身になっていくということを感謝しながら、皆で美味しくいただきました。

秋の0才児クラスをご紹介します

11月に入り、朝夕は少し寒いですが、日中は過ごしやすい日が続いています。

0才児クラスの子どもたちは外で遊ぶのが大好きです。

おもちゃのフライパンに砂を入れて炒め物・・・?

お鍋に調味料を入れようとしている小さなお父さんとお母さんも?!

お家でパパやママの姿をよく見ているのでしょうね。

0才児クラスでは1才のお誕生日を迎えたお友だちも多く、歩いてお散歩に出かけられる子も増えてきました。

まだよちよち歩きの子もワゴンに乗って近くの公園へ。

園庭にはない遊具で遊んだり、道中出会うワンちゃんに反応したり、お散歩には保育園内では経験できないことがたくさんあります。

運動会 がんばりました!

先週、3・4・5才児の運動会が行われました。

コロナ禍の中で、残念ながら今年も0・1・2才児の参加は難しく、そんな小さいお友だちの分も3・4・5才児のお兄さん、お姉さんたちは頑張りました。

3才児はうちわを使ってかわいらしく、4才児はフラーフという薄い布を使って華やかに、5才児はバチを使ったり、フラフープやなわとびも取り入れて勇ましい姿を披露してくれました。

かけっこやリレーも、一生懸命走る姿に感動しました。

久しぶりに行われた親子競技もとても楽しかったです。

今年もクラス毎の開催となりましたが、コロナが収束して、来年こそ0才児から5才児へとできることが増えていく、成長していく姿をご覧いただけるようになるといいなと思います。

いよいよ明日は運動会!

今日は雨で寒いくらいでしたが、明日は雨雲はどこかへ行ってくれそうですね。

運動会に向けて、子どもたちは楽しく練習してきました。

今日でその練習も最後です。

子どもたちの頑張りに応援よろしくお願いします。

0才児健診の様子

当園では、0才児クラスは毎月園医による健診を行っています。

健康について心配なことは園医と密に連絡を取り合い相談にのってもらっています。

また、お昼寝中はお腹にルクミーセンサーを取り付け、体動や体の向きをチェックしています。

当園では事故防止のため0才児だけでなくどの学年のお子さんもうつぶせ寝はしていません。

入園した頃はうつぶせでないと寝なかった子も、次第に仰向けで寝られるようになっています。

引き渡し訓練を行いました

9月1日に引き渡し訓練を行いました。

15時45分に大地震発生と想定しての避難訓練及び引き渡し訓練でした。

コロナ禍でもあり、密にならないように工夫しての避難訓練。

保護者の皆様にもご協力いただき、ありがとうございました。

いざという時、私たちはお子様を保護者の方がお迎えにいらっしゃるまで、安全にお預かりいたします。

職場から保育園までの経路、保育園からご自宅までの経路を今一度確認してみてください。